• お客様のささやきをカタチに。
  • クラウドとビッグデータでITをリードする
文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

広告枠管理システム(Salesforce) 導入事例
- 東京ミッドタウンマネジメント株式会社様 -

  • トップページ > 
  • 導入事例 > 
  • 広告枠管理システム(Salesforce) 導入事例 - 東京ミッドタウンマネジメント株式会社様

イベント・広告スペース枠と売上の予実管理をクラウドで一元化
営業活動の効率化を実現

導入事例

広告枠管理システム(Salesforce)

・キーワード
不動産施設でのイベント・広告スペース枠管理 /
営業支援システム / 売上管理システム /
クラウド型 / Salesforce / テンプレート活用

企業

東京ミッドタウンマネジメント株式会社様

東京ミッドタウンマネジメント株式会社様

・業務内容
六本木にある「東京ミッドタウン」のイベントやプロモーション、商業施設の販促企画などのタウンマネジメント業務や、建物の施設管理を中心としたファシリティ・マネジメントなど、「東京ミッドタウン」の運営・管理業務全般を行っている。

左から、東京ミッドタウンマネジメント株式会社
延澤様、南様、渡辺様、石田様


背景・課題

施設内の広告スペース枠をエクセルで管理しており、管理の効率化が課題だった

東京ミッドタウンマネジメント様では、「東京ミッドタウン」施設内のイベント・広告スペース枠(※)を営業社員が販売している。しかし、広告スペース枠販売の全案件をエクセルで管理していたため、問い合わせ履歴を追うことができなかったり、データのコピーによって情報が混乱するシーンもあった。
※イベント・広告スペース枠管理:イベントスペースの他、街路灯や地下鉄駅からの通路の壁などの広告スペースに対して、掲載期間や広告主などの管理を行うこと。

また、広告スペース枠と売上の管理を行うエクセルが別々になっていたため、案件情報などの二重入力が必要で作業ミスが発生していた。エクセルでは、案件の見込・確度・原価情報を管理しておらず、売上予測や実績をリアルタイムに確認することができなかった。毎週の定例会議では、エクセルから広告スペース枠の案件状況を確認するための資料を作成する必要があり、担当者の負荷が高くなっていた。

さらに、社内コミュニケーションは電話・メールで行っており、共有データとしては記録されておらず、過去の案件や進捗状況の確認に手間がかかっていた。営業社員はノウハウ蓄積も個人個人になり情報の集積も課題となっていた。

導入のポイント
導入のポイント

クラウド型の広告スペース枠管理で社外からでもイベント・広告スペース枠管理を実現

  • クラウド型の営業支援・CRMツールの「Salesforce」を利用して、営業活動と案件の見込から受注・売上までを一元管理
  • 「Salesforce」の広告スペース枠管理のテンプレート(コムチュア独自開発)を利用して、社内だけでなく社外からでも広告スペース枠の予約状況のリアルタイム管理を実現
  • 広告スペース枠管理のテンプレートを利用することで、短期間・低コストで導入(スクラッチ開発より90%削減)
  • 広告スペース枠管理のテンプレートをカスタマイズして、イベントスペース管理にも活用
  • 案件状況を確認するための定例会議資料は、「Salesforce」の標準レポート機能で集計数値や案件状況を画面出力でき、レポートの対象項目は柔軟にカスタマイズ可能
  • 社内コミュニケーション機能を提供、データ蓄積・ファイル共有を実現

システム概要

クラウド型の広告スペース枠管理で情報を一元化

クラウド型の広告スペース枠管理で情報を一元化


導入後の効果

営業活動の効率化と売上の予実のリアルタイム把握を実現

営業活動の効率化と売上管理のリアルタイム化を実現

クラウドの活用で営業活動の効率化

クラウド活用で
営業活動の効率化

クラウドで営業先でも、広告スペース枠の予約状況の管理や社内コミュニケーションが可能になった。クラウドに情報を一元化することで、二重登録をなくし、過去の案件や進捗状況をどこでも確認でき、営業活動を効率化した。

広告枠の売上予測・実績をリアルタイム把握

広告スペース枠の売上・予測を
リアルタイム把握

案件全体の状況から売上予測・実績までをリアルタイムで把握することが可能になった。また、カスタマイズ可能なレポート機能により、定例会議用の資料作成が不要になり作業時間の削減とペーパーレスを実現した。

柔軟にカスタマイズできイベントスペース管理にも活用

広告スペース枠管理だけでなく
イベントスペース管理にも活用

当初は広告スペース枠管理として利用予定だったが、東京ミッドタウンマネジメント様でも柔軟にカスタマイズができるため、施設内のイベントスペース管理機能までも追加して一元管理できるようになった。


今後の活用について

  • 現在は六本木にある東京ミッドタウン施設内のイベント・広告スペース枠管理として活用しており、今後はグループ内の他施設にも展開を検討している。
  • 広告主のお客様とのコミュニケーションツールとして、案件のやり取りや進捗管理にまで利用範囲を拡大することで、業務システムの中心として活用していきたいと考えている。

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ03-5745-9702

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ03-5745-9702