• お客様のささやきをカタチに。
  • クラウドとビッグデータでITをリードする
文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

Salesforce 帳票連携システム 導入事例
- SBギフト株式会社様 -

クラウドのSalesforceに帳票機能を集約して
コスト削減と業務効率化を実現

導入事例

Salesforce 帳票出力・FAX連携

・キーワード
電子帳票作成 / 見積書・請求書発行 / レポート作成機能
Salesforce帳票連携 / 帳票機能の一元化

企業

SBギフト株式会社様

SBギフト株式会社様


・業務内容
メールやSNS等オンラインで贈れるソーシャルギフトサービス「ポチッとギフト」を始め、認証を行い使用実績などマーケティングデータを貯める事ができるクーポンシステムASPなどの構築・運営を行っている。


SBギフト株式会社 システム部
次長 鈴木様


背景・課題

バラバラだった帳票作成システムの集約と柔軟なカスタマイズ対応が課題だった

SBギフト様では、既にクラウドサービスのSalesforceを案件管理として利用しており、案件の見積書から請求書の発行依頼までをSalesforceで行っていたが、請求書の発行自体は別の経理精算システムで行っていた。この経理精算システムでは請求書の発行に加えて、Salesforceの標準機能では実現困難な「見積ごとの請求額・請求残額・月別請求額を確認できるレポート(月別請求額一覧表)の作成」を行っていた。一方で、この経理精算システムはオンプレミス機器で保守運用・インフラコストが多くかかっていることが課題となっていた。

さらに、注文書・注文請書・納品書はSalesforceでは管理されておらず各担当者が個別にエクセルで作成していたため、帳票作成の管理がバラバラになっていた。 また、Salesforceで既に利用している見積書の作成は、Salesfoceの開発機能Visualforceで個別にカスタマイズをすることでPDF出力を行っていた。そのため、見積書の一部(デザイン・表示項目など)を変更する場合に、カスタマイズした機能の改修対応が必要となり作業工数がかっていた。

このような状況から、SBギフト様では請求書や注文書などの帳票機能をSalesforceに集約することと、柔軟な帳票カスタマイズ機能の実装が課題となっていた。

導入のポイント
導入のポイント

Salesforce帳票連携システムで帳票機能を集約

  • 経理精算システムの請求書発行機能やエクセル管理だった注文書などの帳票作成をSalesforceに集約

連携前のシステム構成と連携後のシステム構成:経理精算システムの請求書発行やエクセル管理の注文書などの帳票をSalesforceに集約

  • 経理精算システムの請求書発行やレポート出力機能をSalesforceに移行
  • Salesforceの見積管理から注文書・注文請書・納品書を出力する機能を追加

柔軟な帳票カスタマイズ機能

デザイン・表示項目をSalesforceで簡単に変更が可能(例:銀行名の変更対応など)

  • Salesfoce上で帳票のデザインや表示項目を簡単に変更できる帳票カスタマイズ機能を実装

Salesforce上にレポート機能を実現

Salesforce上にレポート機能を実現

  • Salesforceの標準機能では困難なレポート作成機能をカスタマイズすることで実現

導入後の効果

Salesforceに帳票機能を集約してコスト削減と業務効率化を実現

クラウド移行でコスト削減を実現

クラウド移行で
コスト削減を実現

帳票機能をクラウドに移行したため、経理精算システムの保守運用・インフラコストを削減でき、年間で数十万単位の費用削減効果があった。また、システムをクラウドに集約したことで特別なシステム保守業務が不要となった。

Salesforceに帳票機能を集約して業務を効率化

Salesforceに帳票機能を
集約して業務を効率化

請求書や注文書などの帳票をSalesforceで一元管理できるようになった。各担当者が個別にエクセルで作成していた作業が、すべてSalesforceで完結できるようになり、帳票作成業務を効率化することができた。

柔軟なカスタマイズ対応が可能になり利便性を向上

柔軟なカスタマイズ対応が
可能になり変更工数を削減

見積書の一部(デザイン・表示項目など)を変更する場合、今までは機能の改修対応が必要だったが、Salesforce上の設定項目を変更するだけで、簡単に帳票をカスタマイズすることが可能になった。

お客様の声・今後の展望

今回のプロジェクトで複数の提案があったなかで、こちらの要望に対して一番適した提案をコムチュアさんからいただきました。 特に、こちらの細かな要望に対して、その場で開発を行ってもらい確認ができる体制(アジャイル開発)で柔軟に対応してもらえることが決め手となりました。

また、他社のSalesforce帳票連携システムでは、請求情報の登録が標準機能でないため帳票作成コストが高額でしたが、コムチュアさんが提案してくれたシステムでは標準機能として搭載されているため、コストも安くたった2ヶ月で帳票機能をSalesforceに集約できました。 データ移行もSaleforceが提供する移行ツールで社内の担当者のみで特に問題もなく実施でき、スムーズなスタートがきれました。また、コムチュアさんはSalesforceの実績が豊富で、今回の帳票機能とは別にSalesforce自体の改修もお願いしています。

今後は、レポートの種類を充実させて、営業活動から管理会計まで活用できる機能を検討していきたいと考えています。

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ03-5745-9702

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ03-5745-9702