• お客様のささやきをカタチに。
  • クラウドとビッグデータ/AIでDX時代をリードする
文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

会社情報

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

2019年4月1日
コムチュア株式会社

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

2019年4月1日~2024年3月31日までの5年間

内容

目標1:ワークライフバランス充実のため、柔軟な働き方を取り入れ全社員に周知する。

<対策>
・残業時間の予定と実績を確認し、管理体制を徹底する。
・業務内容に応じて、フレックス勤務や時短勤務の利用を推進する。

目標2:年次有給休暇の取得を促進する為、制度の周知と啓発活動を行う。

<対策>
・定期的に有給休暇取得状況の確認を行い、有給休暇取得の促進活動を行う。
・計画的な取得に向けて、管理職への研修を行う。

目標3:育児に配慮した柔軟な勤務制度の整備・検討を行う。

<対策>
・育児休業復帰者に対する個別の勤務体系や対応について、検討・実施する。
・男性社員も育児休業を取得しやすい環境作りを検討・実施する。




女性活躍推進法に基づく行動計画

2022年4月1日
コムチュア株式会社

女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2022年4月1日~2026年3月31日までの4年間

2.当社の課題

(1)管理職に占める女性管理職の割合が低い
(2)男女の勤続年数の差異

3.目標と取組内容・実施時期

目標1:管理職に占める女性管理職の割合を現状の3割増を目標とする。

<取組内容>

2022年 10月~ 仕事とプライベートを両立するための環境作り(産育休取得、復職後の時短勤務や育児・介護による在宅勤務など)が必要であることに対し、周囲の理解を深めるため、上長向けに先輩ワーキングマザーからの「アドバイスMTG」の設定を検討。
2023年 4月~ リーダー育成プログラムの策定。
(中堅層の(女性)社員を対象とする、育成のための研修の検討。)

目標2:男女の平均継続勤務年数の差異34%を縮小する。

<取組内容>

2022年 7月~ 長期就業がしやすい環境作り。
長時間労働の是正:勤務管理を徹底するため、月中での適正時間との乖離者や月中での超過者へのアラートなど残業抑制の実施。
2023年 4月~ 女性交流会等を実施し、若手女性社員に働き続けられる環境であることの共有の場を設定。

4.女性の活躍の現状に関する情報公開

(1)男女の平均継続勤務年数の差異 2.62年
(2)管理職に占める女性労働者の割合 5.4%
(3)労働者の年間平均残業時間数 15.5H
(4)女性の育児休業取得率 100%
(5)女性の育児休業からの復職率 100%