• お客様のささやきをカタチに。
  • クラウドとビッグデータでITをリードする
文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

RPA導入・定着化支援サービス 導入事例 - コムチュア株式会社

発注業務の事務処理をRPAツール「UiPath」で自動化
業務効率化とコスト削減を実現

導入事例

RPA導入・定着化支援サービス

・キーワード
RPA導入 / 発注業務(経理・事務) / UiPath /
IBM Notes 連携 / 業務効率化 / コスト削減

企業

コムチュア株式会社

コムチュア株式会社

・業務内容
クラウドとビッグデータでITをリードするコムチュア。ITがリードする新たな産業社会の到来を見据え、ITの先端技術へのチャレンジを企業の新たな「価値創造」につなげるべく取組んでいる。


背景・課題

発注業務の作業量が多く、業務効率化と品質向上が課題だった

コムチュアでは、ビジネスパートナーへの発注業務をIBMが提供するグループウェア IBM Notesを利用して行っている。システム開発部門でIBM Notesに発注内容を入力後に、事務処理の担当者が発注内容に誤りがないかを確認する。

事務担当者は、IBM Notesの発注登録画面を開き、前月の発注内容と今月の比較を1件ずつ行うが、確認項目や手順は明確に共有されておらず、属人化している状態であった。また、発注内容が確定すると注文書を1件ずつ手作業で印刷をしていた。企業の規模が大きくなるにつれて発注件数は増加し、事務担当者の作業負担の増加・作業スピードの向上が課題となっていた。

また、発注業務に利用している既存システム(IBM Notes)は、案件管理など様々な機能を同時に利用している。既存システムを改修する場合、その他の機能への影響確認など、改修の作業時間・コストが多くかかるため、短期間・低コストで改善できる方法が求められた。

課題の整理

  • 発注内容の確認作業を事務担当者が1件ずつ目視・手作業で行っていたため、人為的ミスが発生していた。
  • 発注内容の確認・注文書の印刷など作業量が多く、作業コストが増大していた。
  • 作業のノウハウがなく作業が属人化した状態となり、品質が統一されていない。
  • 既存システムを改修する場合、改修作業の時間・コストが多くかかってしまう。

導入のポイント
導入のポイント

RPAツール「UiPath」導入で、発注業務を自動化

  • 発注業務の内容を事前にヒアリングして、属人化していた業務内容を見える化
  • 手作業でやっていた発注業務(内容確認・印刷)をRPAで自動化
  • RPAツールは「UiPath」を導入、短期間・低コストで既存システム(IBM Notes)連携を実現
  • UiPathで、今月分と前月分の発注内容の差異を自動リスト表示

システム概要・機能紹介

手作業で1件ずつ処理していた発注業務をシステムで自動化

Before:発注業務システム IBM Notes で、今月分と前月分の発注内容を
1件ずつ人が目視で比較、After:RPAツールが発注内容の今月分と前月分の差異を自動リスト表示、担当者は差異の確認のみを実施すればよい


導入後の効果

品質向上

RPA適用作業の
人為的作業ミス件数

0件

コスト削減

発注業務の
作業コスト削減率

20%

業務標準化

人に依存していた業務を
システムで標準化

属人化解消・見える化

RPAツール「UiPath」導入により、発注業務の効率化とコスト削減を実現

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ03-5745-9702

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ03-5745-9702