• お客様のささやきをカタチに。
  • クラウドとビッグデータでITをリードする
文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

Windows Server 2008 移行でお悩みの情報システム部門を
計画段階から移行・運用までトータルサポート

Windows Server 2008 移行に向けて

Windows Server 2008 の延長サポート期限が迫っています、対応の早期検討が必要です
2020年1月14日 Windows Server 2008 延長サポート期限終了

Windows Server 2008/R2(以下Windows Server 2008) のサポート終了後は、セキュリティ更新プログラムが提供されず、セキュリティリスクが高まります。アップグレードには、調査・計画やアプリ改修が必要になることもあり手間やコストがかかります。
さらに、Windows7も同日に延長サポートが終了するため、情報システム部門は2020年に向けて業務負荷の増大が予想されています。

Windows Server 2008・Windows10は2020年に延長サポート終了。調査・計画、アップグレード、本番運用を情報システム部は早期に検討が必要

2020年までにアップデート対応が必要だったが

Windows Server 2008 をAzureに移行すると
無償でセキュリティ更新プログラムを3年間延長可能

Windows2008をAzure移行

マイクロソフト社は、Windows Server 2008 をクラウドプラットフォーム Microsoft Azure(以下Azure)の仮想マシンで利用する場合に、無償でセキュリティ更新プログラムを3年間延長することを発表しました。 オンプレミス・仮想マシンのWindows Server 2008 をAzure上に移行して、無償期間内で順次アップグレードを実施することも可能になりました。
※有償の延長サポート(3年)を利用するよりもAzure移行の方がトータルのコスト削減を期待できます。

Azureに移行すると無償でセキュリティ更新プログラムを延長可能


コムチュアは最適な Windows Server 2008 移行を支援

お客様のサーバ環境を調査して最適な移行計画を提案

Windows Server 2008

  • Active Directory
  • プリントサーバー
  • Microsoft Dynamics
  • DHCP・DNS
  • Exchange
  • Microsoft .NET など
  • ファイルサーバー
  • SharePoint

サーバーごとにAzure移行かアップグレードか振り分け

Azure移行(クラウド)

オンプレミス(Windows Server 2008:AD/Exchangeなど)からAzure(Windows Server 2008)へ移行

コードを変更せず、既存環境をそのままの状態で移行(リフト&シフト)します。各アプリはそのままの状態で移行されるので変更によるリスクとコストは最小限に抑えられます。また、Azure(PaaS)・Office 365(SaaS)移行も可能です。

Azure移行の推奨ケース

  • 環境をそのままに無償延長サポートを利用したい
  • アプリを改修せずに継続利用したい
  • クラウド利用でインフラの調達・管理をなくしたい

アップグレード(オンプレミス)

オンプレミス(Windows Server 2008:ファイルサーバーなど)からオンプレミス(Windows Server 2016)へ移行

オンプレミスでWindows Server 2016 へのアップグレードを実施します。アップグレードにより、セキュリティ強化など様々な機能を利用することができます。HCIなどの新仮想基盤の構築も可能です。

アップグレードの推奨ケース

  • クラウドではなくオンプレミスで利用したい
  • データ通信量・速度を気にせず利用したい
  • セキュリティの強化やより高度な機能を利用したい

3つの特長

Windows Server 2008 の最適な移行プランを提案

Windows Server 2008 の
最適な移行計画を提案

お客様の環境をマイクロソフト社が提供している評価ツール「Azure Migrate」で調査して、Azure移行(クラウド)かアップグレード(オンプレミス)のどちらが適しているかをコストや難易度(アプリ依存関係)などの観点で評価して、最適な移行計画を提案します。

Azureとオンプレミスのハイブリッド対応

Azureとオンプレミスの
ハイブリッド対応

サーバ環境の調査によって、Azureとオンプレミスのハイブリッド対応が必要になります。ハイブリッド構成時の専用回線(Azure ExpressRoute)・VPN構築や移行後のリソース最適化など、インフラ・ネットワーク設計も可能です。

HCI・AWS基盤の利用やWindows10移行なども可能

HCI・AWS基盤の利用や
Windows10移行なども可能

クラウド基盤はAzureだけでなくAWSでの対応も可能です。オンプレミスではハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)での新仮想基盤の構築もできます。また、Windows10移行支援サービスや24時間364日監視サービスも提供しています。
※AWSでは無償延長サポートは利用できません

Windows Server 2008 の段階的な移行を支援

サービス概要

Windows Server 2008 移行支援サービス概要:調査・計画、移行・アップグレード、運用・最適化。Azure移行・アップグレードのどちらかのみの対応や24時間365日監視サービスも提供可能。

オンプレミスの仮想マシンのAzure移行を支援するツール「Azure Migrate」

マイクロソフト社は、オンプレミスの仮想マシン(以下VM)を簡単に検出、評価して、Azure に移行できるツール「Azure Migrate」を提供しています。移行後のAzure運用コストの見積もりなどを事前に確認することができます。

  • オンプレミスのVMとアプリの依存関係を検出
  • 依存関係を確認して、移行するVMを効果的にグループ化
  • ガイダンスでVMの移行に伴う問題を改善
  • 移行で使用する推奨ツールを入手
  • 移行後のリソース使用コストの見積もりを確認
  • クラウドリソースを使用率に基づいて調整・最適化

Azure Migrate 機能例:検出・評価、検証、移行支援

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ03-5745-9702

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ03-5745-9702