• お客様のささやきをカタチに。
  • クラウドとビッグデータ/AIでDX時代をリードする
文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

パブリッククラウド、仮想サーバー、オンプレミスなど
お客様に最適なインフラ環境にOpenShiftを導入・運用をサポート

企業のDX推進が加速する中、クラウドネイティブな考え方が主流になりつつあります。クラウドネイティブ技術を活用することで、開発・改修サイクルの高速化や高い可搬性・安全性・回復性、運用業務の自動化などを実現し、ビジネス環境の変化に対応したデジタル施策を実施するためのソリューションとして注目されています。

クラウドネイティブインフラ基盤導入支援サービスは、RedHat OpenShift Container Platformをお客様のご要望に合わせたインフラ環境に導入するため、提案、要件定義、基本設計、詳細設計、構築、試験など、案件の初めからお引渡し完了まで幅広く対応いたします。また、インストール作業のみなど一時的なご支援や内製化支援、システム導入後の継続支援も可能です。システムの構成変更やノード追加、バージョンアップなど、さまざまな業務に対応いたします。

クラウドネイティブインフラ基盤導入支援サービス(OpenShift):RedHat OpenShift Container Platformを最適なインフラ環境に導入

Red Hat OpenShift Container Platformでできること

  • コンテナ開発・ビルド・運用の自動化
  • クラスタ構築とコンテナ配備の自動化
  • ミドルウェアの導入・運用が容易
  • 全てのクラウドに配備・一貫性の提供
  • スケールアップ・ダウンの自動化
  • 企業向けセキュリティ機能の強化
  • クラスタ構築とコンテナ配備の自動化
  • ワンクリックで自動アップデート
  • 継続的改善・長期サポートの提供

クラウドネイティブ化でこのような課題を抱えていませんか

  • クラウドネイティブなシステムを検討しているが、何から始めれば良いのか分からない
  • OpenShiftの導入プロジェクトを進めたいが、エンジニアが不足している
  • 効率的に導入を検討するためにPoCを実施したいが、構築に手が回らない
  • 監視やストレージの設定など部分的に課題を抱えている

課題を解決するために

クラウドネイティブインフラ基盤導入支援サービスは
お客様のお悩みやご要望にあわせて柔軟に対応します

3つの特長

計画立案から要件定義・設計・構築・運用後までトータル支援

計画立案から要件定義・設計・
構築・運用後までトータル支援

クラウドネイティブインフラ基盤導入にあたって、お客様環境の調査・目指すべき開発フローの策定、要件定義から、インフラ設計・構築、検証、運用後の支援までトータルサービスを提供します。

実際の運用を考慮したインフラ基盤を設計

実際の運用を考慮した
インフラ基盤を設計

開発フローやオートスケール、リリース方式など実際の運用を考慮したインフラ基盤設計が必要です。オンプレ・パブリッククラウドなど様々な環境で設計・構築が可能です。

お客様のSREチームの立場から高品質なサービスを提供

お客様のSRE*チームの立場から
高品質なサービスを提供

OpenShift導入経験を活かした高品質なサービスを提供します。導入を検討してみたい、まずは開発環境のみに導入したいなど様々な要望に柔軟に対応いたします。インパクトの少ない段階的な導入計画の立案、内製化のご相談など高度な要件の相談にも対応いたします。
* Site Reliability Engineerの略。

その他サービス一覧

OpenShiftを使ったソリューション以外にも、vSphere with Kubernetes、GKE、AKS、EKSなどKubernetesベースの各種製品、サービスにも対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

コンテナ化・CI/CD検討サービス

クリックで開閉

コンテナ化・CI/CD検討サービス

コンテナ化の検討は、システムデザインやCI/CD (継続的インテグレーション/継続的デリバリー) も含めて検討していくべきものだと考えています。さらに、ご希望により、内製化やマイクロサービス化など今後の目指すべき組織の仕組み・システムの姿を、お客様のSREチームとして一緒に検討させていただきます。 コンテナ化する仕組み、レポジトリの検討、CI/CDをどのように分け、承認などのプロセスをどう組み込み、誰が何を担当するかなど、検討事項は多数ございます。GitOpsなどの考え方も導入し、お客様に合った自動化・運用効率化の仕組みで、開発スピードを加速するシステムを実現いたします。

モニタリング/ロギング/トレーシング導入・継続支援サービス

クリックで開閉

モニタリング/ロギング/トレーシング導入・継続支援サービス

既存監視基盤と連係させたい、システム・独自アプリケーションをモニタリング・ロギング・トレーシングしたいなど、ご要望に合わせた設定・仕組みを導入いたします。独自アプリケーションのログを監視し、アラート発報、外部監視システムとの連係などを実現させます。システムの変更に伴う設定変更など、ご要望に合わせて継続的にご支援いたします。

Service Mesh 導入支援サービス

クリックで開閉

Service Mesh 導入支援サービス

OpenShift Service Mesh (Istio)を導入し、ご要件に合わせた設定を実施いたします。導入に関する作業だけでなく、ご要望があればデプロイ戦略、カオスエンジニアリング、トレーサビリティなど、運用フローの作成やCI/CD連係なども含め、検討いたします。

Serverless 導入支援サービス

クリックで開閉

Serverless 導入支援サービス

OpenShift Serverless (Knative)を導入し、ご要件に合わせた設定を実施します。導入に関する作業だけでなく、ご要望があれば、CI/CDと合わせたBuildに関するご相談、何をイベントソースとして扱うかの検討など幅広くご支援いたします。

ネットワーク導入・継続支援サービス

クリックで開閉

ネットワーク導入・継続支援サービス

OpenShiftを動作させるために必要なロードバランサやスイッチなどのネットワーク機器、ネットワークサービス、OpenShiftクラスタ内仮想ネットワークについて、ご要望に合わせた設定を行います。システム構成の変更などに伴う設定変更なども継続的にご支援させていただきます。

Container Storage/Storage 導入・継続支援サービス

クリックで開閉

Container Storage/Storage 導入・継続支援サービス

コンテナベースのアプリケーションに永続ストレージを提供する RedHat OpenShift Container Storageをご要望に合わせ設定し、導入いたします。例えば、Cephノードの追加などにも継続してご支援いたします。また、コンテナベースのアプリケーションに永続ストレージを提供できるようStorage、CSIドライバの設定も行います。Storage設定後のCSIドライバやStorageClas、OpenShift関連の設定のみ行うことも可能です。

Red Hat Quay コンテナレジストリ導入支援サービス

クリックで開閉

Red Hat Quay コンテナレジストリ導入支援サービス

エンタープライズ向けの高可用性の分散型コンテナ・イメージ・レジストリであるRedHat社のQuay導入をご支援いたします。OpenShift内への導入のほかに、スタンドアローン構成にも対応いたします。認証プロバイダやPrometheus連携などご要望に合わせて設定いたします。

アプリケーション Operator 作成・導入・継続支援サービス

クリックで開閉

アプリケーション Operator作成・導入・継続支援サービス

独自アプリケーションの運用を自動化するためのOperatorと呼ばれるプログラムを作成いたします。コンテンツやデータの自動更新、障害復旧、バックアップなどご要望に合わせた機能の作成と導入を行います。追加要件や、アプリケーションの変更に合わせたプログラム変更なども、継続的にご支援いたします。

※本サービスは、OperatorSDKの中で対応が可能な範囲内で作成を承ります。例えば、アプリケーションのバックアップに必要なスクリプトの実行はサービスに含まれますが、バックアップスクリプト自体の作成や静止点確保などは本サービスに含まれません。

計画立案から導入後の支援までトータルサービスを提供

サービス導入の流れ

クラウドネイティブインフラ基盤導入支援サービス(OpenShift):サービス導入の流れ

詳しくはお気軽にお問い合わせください!