• お客様のささやきをカタチに。
  • クラウドとビッグデータでITをリードする
文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

Office 365 を利用する企業の
セキュリティ強化と管理効率化を実現

Office 365 の導入により、利用者は場所やデバイスを選ばずに業務をすることが可能になり、働き方改革・利便性向上を推進する企業が増えてきています。一方で、個人所有デバイスの業務利用(BYOD)や社外でのデバイス紛失などで、業務データの情報漏えいや不正アクセスのリスクが高まると考えられるため、セキュリティ対策の強化が必要となります。

Microsoft社が提供する「Enterprise Mobility + Security」(以下 EMS) を利用することで、Office 365 を利用する企業の「デバイス・ID・データ」のセキュリティ強化と一元管理が可能になります。
また、EMSはクラウドサービスなので、新たなインフラ構築は不要となり、将来的に利用者数が増加しても柔軟に拡張することが可能です。

Enterprise Mobility + Security(EMS)、デバイス管理:Intune(Microsoft Intune)、ID管理:Azure ADP(Azure ActiveDirectory Premium)、データ保護:AIP(Azure Information Protection)

3つの特長

あらゆるデバイスを一元管理(Intune)

あらゆるデバイスを
一元管理(Intune)

Intuneは、Windows・iOS・Androidなどの様々なOSや、会社支給デバイス(PC・スマホ)・BYODなどの様々なデバイスをクラウドで一元管理できます。デバイスごとの権限設定・ログ収集や、紛失時のリモートロックなどデバイスのセキュアな利用を支援します。

ID・パスワードを一元管理(Azure ADP)

ID・パスワードを
一元管理(Azure ADP)

Azure ADPは、Office 365 をはじめ、様々なクラウドサービスとのシングルサインオン(SSO)を実現できます。セルフパスワードリセット機能・多要素認証・条件付きアクセス制限など、豊富なID管理機能を提供しています。また、社内のAD連携(ADFS)も可能です。

データ暗号化により情報漏洩リスクを軽減(AIP)

データ暗号化により
情報漏洩リスクを軽減(AIP)

AIPは、データを暗号化して保護することで、誤送信によるデータ共有やデバイス紛失時の情報漏えいリスクを軽減します。Officeファイル・メールなどを簡単に暗号化・権限設定することができ、クラウド上でのセキュアなデータ共有を実現します。

EMSのトータルサービスを提供

サービス概要

現環境の調査・EMS導入からデバイス情報登録・運用後のサポートまでトータルサービスを提供

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ03-5745-9702

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ03-5745-9702