• お客様のささやきをカタチに。
  • クラウドとビッグデータでITをリードする
文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

クラウドで受発注業務を一元化して
受注側と発注側の両方の業務を効率化

企業における受発注のやり取りは、電話・FAX・メール・Excel・紙の書類など、バラバラに行われていることが少なくありません。さらに、取引先によって対応方法が異なったり、帳票のフォーマットが統一されていないなど、煩雑でミスが起こりやすいことが課題となっています。

受発注管理システムは、バラバラだった受発注業務をクラウド上で一元管理できるようになり、受注側と発注側の両方の利便性向上と業務効率化を実現します。 発注側は、インターネットが利用できれば、PC・スマホ・タブレットのアプリから商品を選択し簡単に発注でき、発注内容はクラウドに自動登録されます。受注側は、クラウドに登録された受注内容をアプリで確認できるだけでなく、未対応の受注内容の確認や、請求書をPDFで出力することができます。

また、社外や業務時間外でも受発注が可能になるため、機会損失を防止して売上拡大にも貢献します。

クラウドEDIで煩雑な受発注業務を効率化


導入効果と解決できる課題

受発注業務の担当者にとって

受発注に係る事務や確認作業の効率化

受発注に係る事務や確認作業の効率化

解決できる課題

  • バラバラなフォーマットでやり取りする際の受発注内容の転記
  • メール・FAXなど、取引先ごとに異なる受発注のやり取り
  • 過去の取引内容や金額などの確認作業
  • 取引先への進捗状況の確認作業

経営層にとって

受発注業務の属人化防止や作業品質向上

受発注業務の属人化防止や作業品質向上

解決できる課題

  • 転記や二重入力によるミスや作業の増加
  • お客様ごとに異なる作業プロセス・マニュアルの乱立
  • 担当者不在時や業務時間外での受発注対応

具体的な受発注管理システムの利用例

様々なケースでソリューションの活用が可能(利用例の紹介)

  • 卸売業と小売・飲食業との商品の受発注
  • メーカーと施工業者との施工案件の受発注
  • 商社と仕入先との商品の受発注
  • 営業担当が社内外で商品・サービスを受発注

3つの特長

企業間(BtoB)コミュニケーションの場としても活用可能

企業間コミュニケーションの
場としても活用可能

受発注業務だけでなく、社内関係者や取引先への一斉連絡・チャットなどのコミュニケーションができる場としても活用することができます。取引先ごとに販売価格・表示商品の設定や利用機能の権限設定が可能です。

受発注後の業務プロセスも管理

受発注後の
業務プロセスも管理

受注側と発注側の両方で、受発注後の業務プロセスの進捗状況を確認できます。遅延状況や作業漏れなどをリアルタイムで把握でき、トラブルへの早期対応や進捗管理の効率化が可能になります。

在庫管理・会計管理など基幹システム連携も可能

在庫管理・会計管理など
基幹システム連携も可能

基幹システム連携により、さらなる業務効率化も可能です。例えば、在庫管理連携で社外からスマホで在庫数を確認したり、会計管理連携で請求データを自動集計して本社での月次業績の早期確定なども可能になります。

受発注業務の効率化で働き方改革を推進

システム概要

受発注管理システム:発注側(調達・購買担当・取引先)、受注側(取引先・卸売業・営業担当)の効率化。さらに生産性を向上する機能として、コミュニケーション機能・業務プロセス管理。

単なるシステム導入ではなく
「取引先にもメリットがあること」が重要

ITに不慣れな取引先の場合、複雑な受発注管理システムだとなかなか利用してもらえません。取引先にも「利用するメリット」と「導入が容易で使いやすいシステム」であることが利用率アップに重要です。

例えば、取引先でも請求書のPDF発行や進捗状況の確認ができることで、事務手続きの効率化につながります。また、PCはもちろん、スマホやタブレットがあればすぐに使うことができます。入力項目を極力減らした使いやすい操作画面なので、ITに不慣れな取引先でもスムーズに利用を開始できます。

「取引先にもメリットがあること」が重要

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ03-5745-9702


kintone関連ソリューション

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ03-5745-9702