• お客様のささやきをカタチに。
  • クラウドとビッグデータでITをリードする
文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

サポート情報・FAQ

グループウェア・ワークスタイル改革

コムチュアCRMセレクト

  • サポート情報
  • FAQ

コムチュアCRMセレクト

普通の顧客管理と何が違うのですか?

CRM/SFAの顧客情報は、売上をあげるために必要な顧客情報を蓄積することが特徴です。顧客名や住所など以外に、戦略属性や顧客の戦略やニーズ、競合情報、キーマンなどの担当者を情報化していきます。

案件ごとに進捗を見たいのですが・・

案件単位で、商談履歴や進捗情報、見込度などを表示することができます。月別の受注予測とともに、担当者別、顧客別、案件分類別の受注予測も簡単に確認することができます。また、重要案件に対する活動履歴や他社との競合状況を確認の上、次の一手を打つことができます。

成功、失敗事例の共有の仕組は

日常報告されている内容をもとに、成功や失敗など結果が出た場合に、情報に新たな切り口が追加され、成功や失敗の切り口で情報を見られるようになります。

スケジュール管理をしたい

予定を行動予定に登録します。行動予定を作成することで、Notesカレンダーにスケジュールを自動転送する機能もあります。実際に活動した場合は、行動予定から商談が作成できます。TODO機能として、お客様から頂いた課題や宿題、次回訪問予定日などを登録しておくことができます。

文字の入力数制限は

詳細な報告欄を持っており、何行でも入力していただくことができます。また、顧客に提出した提案書や見積書のファイルがあれば、それを添付することもできます。

シナリオ的な管理はできますか?

案件型営業の商談フォームでは、商談ステップという考え方があります。アポイントからクロージングまでの企業ごとで商談シナリオを設定することができます。

Lotus Notes以外のデータベースで持っている顧客情報は使えるのか

パッケージには、既存の顧客データをテキストファイル形式で読み込む機能がついています。また、カスタマイズにより、直接データベースと連動させることもできます。

予算と実績など数字管理として見ることはできますか?

担当者の月別予算を登録または読み込むことで、四半期単位の予算と実績をみることができます。また、必要な項目だけをExcel出力したり、月報、受注・見込管理表を簡単に作成することができます。

与信限度額のチェック機能はありますか

顧客や取引先別の与信限度額を登録し、顧客別はもちろん、顧客区分別、地域別など様々な角度で確認することができます。

週報機能はありますか?

週単位で予定や活動実績を見ることが出ます。お客様の固有の週報へもカスタマイズで対応できます。

モバイルで使えるか

標準でモバイル環境でご使用いただけます。これらは、Lotus Notes標準にレプリケ―ション機能により実現されています。また、オフラインでの入力が行えるために、通信費を節約することもできます。

3つの拠点で使いたい場合

サーバが本社に設置している場合、各拠点にDominoサーバーが設定されている場合などで運用方法はいくつか存在します。詳しくは、別途お問合せください。

他部署との連携はできますか?

Lotus Notesが導入されている部署であれば、情報を共有することができます。営業で入力された情報をサポート部で見たり、サポート部で入力された情報を営業部で見ることができます。

部署ごとのセキュリティー

部署単位でアクセス制御やセキュリティーを設定することにより、実現することができます。

見せたくない情報のアクセス制御

案件単位で限定公開をしている機能があります。これを指定すると、該当する案件情報のほか、案件商談、コメントも指定されたグループや人しか見ることができません。

営業ノウハウは何がベースになっているのでしょう

このパッケージは、日本企業の700の導入実績にもとづき、そのノウハウやエッセンスを凝縮してパッケージ化したものです。

パッケージだけで使えるのか

このパッケージはLotus Notes上で動くアプリケーションです。Lotus Notesが別途必要になります。

自社でカスタマイズできますか?

このパッケージは、設計公開版なので、お客様がカスタマイズすることもできます。しかし、お客様がカスタマイズしたものについては、サポート対象外となります。弊社でも、カスタマイズのご支援を行っておりますので、お気軽にお問合せください。

Lotus Notesがない場合は、どうすればいいのか

まずLotus Notesをご購入いただき、次にパッケージをご購入してください。なお、Lotus Notesは、このパッケージだけでなく、電子メールやインターネット、さまざまな文書管理、ワークフローなどのシステム構築やパッケージソフトが用意されており、さまざまな用途に活用することができます。

何万件データを入力できるのか

ハードのスペックにもよりますが、5万件位がひとつの目安です。データベースを分割することや、データをアーカイブすることで、大量のデータを管理することができます。

PCの容量はどのくらい必要か

PCクライアントとしては、Lotus Notesが正常に動作していれば大丈夫です。

30人で使うのと40人で使うのでは値段が変わるのか?

パッケージは、1サーバーインストールライセンスで、クライアントはフリーで使っていただけるような価格体系になっております。そのためクライアント数により、価格が変ることはありません。なお、拠点単位、事業部単位などデータベースを別運用する場合は、サーバーライセンスの追加が必要になります。

サポート体制は

サポート体制は、実務面でのサポート、エンドユーザの操作サポート、更には情報システムやインフラのサポートなどに分かれます。それぞれで最適なサポート体制を社内におくことが望まれます。それぞれにしっかりとしたサポート支援の体制があります。