システムエンジニア 伊豆丸 拓郎
PROFILE PROFILE

2016年入社
法学研究科民事法学専攻修了。就職活動時は“ものづくり”をメインに企業選びをしていたが、どこも心から行きたいと思う会社に出会えなかった矢先、コムチュアを知る。コムチュアが新たな成長戦略としてNEXT10計画を推進していることを知り、自分の早期成長を加速できる可能性から入社を決定。趣味は音楽作りや演奏、最近ではボルダリングに挑戦。また、リンゴのカーヴィングを特技としている。

新人にして大規模プロジェクトへの参画

入社後、NEXT10のコア事業の1つであるクラウドを扱う部署で、同期6名とともに大規模プロジェクトへ配属された伊豆丸。最初はテスト工程を担当、テスターとして様々なプログラムのテストにあたった。大規模プロジェクトのため多種多様なプログラムがあり、仕事に必要な知識を得ることはハードだったが、システムの中身を広範に知ることができたうえ、システム開発の全体像も俯瞰できたので大きな財産になったという。その後は大手SIerに常駐して、医療機器メーカーと、医療機器の販売・保守運用を行なう代理店間をつなぐシステムの開発にあたる。プロジェクトでは顧客要件の確認から設計、開発、テスト、リリースまで一連のシステム開発を行う。開発の上流工程から作業に参加できる楽しさがある反面、お客様の要望を実現することに四苦八苦の毎日だ。だからこそ、要望を的確にとらえ、実現する方法を見つけ出した時にはこれほどにない達成感がありモチベーションにも繋がっている。

楽しく仕事をしようとする気持ちを潰されずに働ける環境

ある機能をシステムに実装すると必ず、エラー無く想定通りに動作するかをテストするが、実装する段階では緻密に考えていても、いざテストをしてみるとうまく動かないことが非常に多い。原因は凡ミスから超難題までさまざまである。試行錯誤を重ねた結果、「正常に動作すること」を確認できたときは、毎度達成感があるものだ。中には拍手をして喜んだことも。就活では「お客様に感謝されたときが一番嬉しい」という台詞をよく聞くが、SEの仕事にはものづくり特有の達成感が常にあり、他人に依存しない所にも喜びの源がある。これは、この仕事ならではの醍醐味であると伊豆丸は言う。一緒に作り上げてきたプロジェクトメンバーと全力で喜べる、楽しく仕事をしようとする気持ちを潰されずに働ける環境がコムチュアにはあり、それがなによりも重要だと。

期待の新星、これからは

コムチュアの魅力は何といってもNEXT10を企業ビジョンに掲げ、新たな成長へ向けたスタートを切る時期にあったこと。コムチュアなら会社の成長と自分自身の技術者としての成長のタイミングを合わせることができ、新しい会社づくりの一端を担えると思った。これが入社を決断した大きなきっかけである。
伊豆丸自身、ITは未経験だが高校時代の「情報」の授業の感触から「努力すればできる」という自信が入社以前より備わっていた。だが入社後、基本・応用情報処理技術者、SFDC認定資格など各種資格に積極的に挑戦、取得してきたが、まだまだプログラミング技術をはじめ力不足を痛感しているという。当面の目標はプログラミングを行うことで問題を解決できるシステムエンジニアになることだが、長期的には幅広く仕事を経験して、「この仕事ならば伊豆丸だ」という技術領域を確立していくのが今後のキャリアビジョン。これから先、多く成長の可能性を秘めている。

『サービスには“愛情”を』

「お客様には“感動”を、社員には“夢”を」これはコムチュアの会社の標語です。私はこれに続く形で「サービスには“愛情”を」という標語に設定いたしました。会社方針に「ユーザーから真に信頼されるサービスを提供する会社になること。」、コムチュアスピリットに「プロ意識を持ち、すべて自ら責任を持つこと。」があります。信頼されるサービスを責任を持って作り、送り出すにはどうすればいいか考えたとき、目の前の仕事をただこなそうとするのではなく、「うまく動いてくれ」「かっこよく出来上がってくれ」と愛情をこめて、子供を育てるようにシステム作りに取り組むことが大事。そうすれば、自ずとクオリティーの高いサービスが提供できると思います。私はこの心構えに加え、サービスに愛情を込めるために、確かな技術を身に着け、活用することをモットーにしています。技術に裏打ちされた愛情こそ意味があります。愛情に見合った技術でサービスを提供できるよう日々奮闘しています。

interview with MEMBERS

コムチュアで活躍する社員インタビュー