コムチュア社員の一日の流れを時系列で紹介、入社の決め手やエピソードも掲載中 コムチュア社員の一日の流れを時系列で紹介、入社の決め手やエピソードも掲載中

鈴木 裕太郎 鈴木 裕太郎

システムエンジニア

鈴木 裕太郎 2017年 新卒入社 コラボレーション本部

醍醐味は、チーム一丸での問題解決

私は現在サイボウズ社の製品である、kintone及びGaroonという製品の導入・開発を主業務としています。ただ社内が比較的自由な環境なので担当している製品に関わらず、色々な勉強会(Azure,AWS,IBM Watsonなど)に参加する機会もあり、様々なプラットフォームに関する知識・技術を向上させる事ができます。またシスシテム開発というと一人でコツコツと行うものというイメージが強いかもしれませんが、実際にはお客様やチームのメンバーとのコミュニケーションが非常に大切になってきます。要件定義、開発などフェーズによって問題となる事柄は様々ですが、他者と話し合ってチームでその問題を解決していくということもこの仕事の醍醐味だと感じています。

9:00

出社

メールと今日のタスクを確認
通勤時間はスマホでその日のニュースなどを確認してます!

09:30

開発作業

11:00

打ち合わせ資料の準備

12:00

ランチ

13:00

システムの仕様を検討する打ち合わせ

14:00

開発作業

16:00

製品勉強会

社内では様々な勉強会が不定期で行われてます!

17:30

社内ミーティング

18:00

日報作成

1日を振り返ってまとめます

19:00

退社&飲み会

困ったときは、飲み会で仕事の悩みを相談することも!

鈴木 裕太郎

鈴木 裕太郎

鈴木 裕太郎

入社の決め手

私が今の会社を選択した理由は大きく分けて2つ有ります。一つは若いうちから様々な業務経験を積める会社だと感じたからです。弊社は東証一部上場の大企業という側面もありますが、一方でNEXT10計画からもわかるようにまだまだ伸び盛りの会社でもあります。そんな伸び盛りの会社だからこそ手を挙げれば色々なことに挑戦する機会があるのではと考えました。実際に現場では一年目でも自分の意見を言う機会が多くあり、その意見がしっかりと反映されるような職場です。もう一つは「人」です。これは絶対的な正解などありませんが、実際に内定者向けのイベントに参加するなかで、先輩・同期の方々ともに一緒に仕事をしていって楽しそうな方々ばかりだなと感じました。もちろん業務の内容なども大切ですが、日々の生活をおくる場として自分に合う人達のいる職場かということも入社を決める上で大切な判断材料になるかと思います。

鈴木 裕太郎

嬉しかったエピソード

本部長から直々に部内で利用しているグループウェアの改修を任されたことです。改修チームのメンバーは当時の1年目4人のみであり、改修方針からスケジュール計画・デザイン・実装まで全て自分たちの裁量で決めさせていただきました。上からの指示を待つのではなく自分たちで動かなければ始まらない業務だったため大変なことも多かったですが、その分成果物が認められたときの喜びはひとしおでした。