コムチュア社員の一日の流れを時系列で紹介、入社の決め手やエピソードも掲載中 コムチュア社員の一日の流れを時系列で紹介、入社の決め手やエピソードも掲載中

一ノ坪 剛生 一ノ坪 剛生

プロジェクトマネージャ

一ノ坪 剛生 2014年 新卒入社 デジタルイノベーション本部

プロジェクトマネージャへの挑戦

私は現在、大手自動車メーカー様に向けた自動車保証サービスシステム開発のプロジェクトマネージャ(PM)を担当しています。このシステムは海外で販売している自動車も対象にしており、海外のユーザーの利用も考慮した大規模なプロジェクトになっています。 これまでPMを目指してきた私は、この大規模プロジェクトが、PMを担当する初プロジェクトになります。不安もありましたが、何よりも「お客様には”感動”を」を体現する良いチャンスだと思い、挑戦することにしました。
これまでの仕事とは異なり、お客様の要件を聞くこと、スケジュールを管理すること、プロジェクトメンバーを管理することなど、プロジェクト管理はたくさんの業務をまとめていく難しい仕事です。失敗もたくさんしていますが、その失敗が経験となり、PMとしてスキルアップしています。難しい業務に挑戦して、成長できるこの仕事にやりがいを感じています。

8:30

出社 メール&タスクの確認

15~30分前に出社しています!

09:00

プロジェクト管理業務&朝会

メンバーへの作業を指示、認識合わせなど。

10:00

打ち合わせ準備

12:00

ランチ

13:00

お客様と打ち合わせ&ドキュメント作成

お客様の意見をまとめたりしています。

17:30

作業の進捗確認&プロジェクト管理業務

メンバーの進捗確認!

18:00

翌日の作業確認&フォロー

遅延のリカバリや、メンバーの作業支援をします

19:00

退社!

一ノ坪 剛生

一ノ坪 剛生

一ノ坪 剛生

入社の決め手

大学・大学院ともに情報系を専攻していたため、IT業界を中心に就職活動を行っていました。IT業界の企業の説明会では業務内容に差異は大きく感じられず、会社の軸や方針を特に重視していました。そんな中、コムチュアの会社説明会で会長の話を聞いたとき、お客様、そして社員への姿勢に魅かれました。「お客さまには“感動”を、社員には“夢”を」という標語を掲げ、成長し続けているコムチュアで自分も様々な仕事に挑戦したい、成長したい、そしてそれらができると感じたので選びました。入社してから様々な業務に携わり、挑戦と成長を繰り返しながら、システムエンジニアとして充実した日々を送っています。

一ノ坪 剛生

嬉しかったエピソード

ソフトウェア開発や、ミドルウェアの導入・構築におけるドキュメント作成であっても、最初の内は右も左も判らず、先輩方から度々指摘を受けていました。ただ、その指摘をただ受けるだけでなく、常にメモをし、また日々振り返りを行うことで同じ失敗を繰り返さないようにすること、報連相を細かく行い、より良いものを完成させるよう、先輩と議論することを心がけました。それを実践していく中で、徐々に先輩方からの指摘も減り、任される範囲が広がっていくようになりました。「一ノ坪君に任せるから。」と言って頂いた時、自分の成長を感じ、本当に嬉しく思いました。今では目標としていたプロジェクトマネージャも任されるようになり、大変ながらも楽しく仕事しています。