コムチュア社員の一日の流れを時系列で紹介、入社の決め手やエピソードも掲載中 コムチュア社員の一日の流れを時系列で紹介、入社の決め手やエピソードも掲載中

川路 憲明 川路 憲明

プロジェクトリーダ

川路 憲明 2011年 新卒入社 コラボレーション本部

Re:Build
~ 自分と会社の再構築 ~

私の仕事は、マイクロソフト製品を武器に、お客様のIT課題を解決し、お客様の成長をサポートすることです。某商社様向けのシステム移行案件では、社員数約7万人と日本でも屈指の大企業となり、案件参画当初は「自分みたいな若輩にリーダーが務まるのだろうか」と不安だらけでした。しかし、上長や先輩方・チームメンバーの皆様の協力もあり、無事に移行案件を成功させ、お客様の課題を解決に導くことができました。

9:00

出社

通勤時間は作業の振り返り、出社したらメールとタスクの確認をします。

9:30

打ち合わせ

大手商社様向けのグループウェアシステム移行案件のミーティングに参加。お客様へのヒアリング~移行作業実施まで全ての工程に関っています。

11:00

案件メンバのタスク管理

プロジェクトのチームリーダーとして、メンバのタスクマネジメントは必須です。

12:00

ランチ

メンバと職場近郊の食堂へ

13:00

資料作成

システム設計の資料作り

15:00

教育・育成

現状業務で滞りはないか、困っていることはないかなど新入社員のフォローをします。

16:00

打ち合わせ

複数案件に参加しているため、打ち合わせが連続することもあります。

17:00

社内活動

部内勉強会の運営を担当。新技術についての勉強は欠かせません!

19:00

退社

フットサル部の活動に参加!

川路 憲明

川路 憲明

川路 憲明

入社の決め手

就職活動を開始する前の大学3年春頃、当時コムチュアの社長だった向会長が大学に講演に来てくださったことがあり、そこでコムチュアという会社と出会いました。その後、就職活動を本格的にスタートさせた際、「これも何かの縁だし、会社説明会ぐらい行ってみるか」と思い、コムチュアの門を叩きました。そこで、コムチュアという会社がITの力を通して様々な業種の知識を得られることを知り、その後の採用活動に参戦することにしました。採用活動を通して、人事の方や先輩社員の方と話す機会もあり、「ここなら自分を大きく成長させることができる」と感じ、コムチュアに入社を決めました。

川路 憲明

嬉しかったエピソード

私が仕事をしていて一番うれしかったのは、お客様からの信頼を勝ち取れたことです。SEというと、1日中パソコンに向かって仕事をしているイメージを持たれがちですが、実はお客様と顔を突き合わせて会話することがとても多い職業となります。私自身も、ベンダー様とエンドユーザー様との懸け橋となって、案件成功に向けて、エンドユーザー様のご要望を伺った上で、ベンダー様との調整を実施しています。手探りながらも努力を続けた結果、ベンダー様より「川路さんがいてくれたおかげで、案件を成功させることができた」と仰っていただくことができました。