• お客様のささやきをカタチに。
  • クラウドとビッグデータ/AIでDX時代をリードする
文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大
新型コロナウイルス対策の詳細はこちらをご確認ください。

豊富なSI実績を活かした新入社員向けIT研修をご提供
個別サポートも充実

このようなご要望にお応えします!

  • 短期間で幅広い知識を身につけさせたい
  • ビジネスマナーをしっかり身につけさせたい
  • IT初心者が研修についていけるサポート体制がほしい
  • 助成金を利用してコストをおさえたい
  • オンライン研修で受講させたい
  • 受講者一人ひとりの報告書がほしい

3つの特長

1.インフラエンジニアやシステム開発者に求められる視点そのままにカリキュラムを開発

インフラエンジニアやシステム開発者に求められる視点そのままにカリキュラムを開発

当社のフルスタックエンジニア研修は、「ITシステムを構築するにはどのような技術が必要か」という視点で、複数分野の技術要素を基礎から並行かつ段階的に学習します。多くの現場では、ITシステムを構成する複数の技術要素がどのように関連しているのか把握していることが求められます。本研修ではこれらの関連性を意識して学習を進めるため、ITシステム全体を見渡すスキルが身につきます。高度な技術については本研修で扱いませんので、ITシステムの全体像の把握が求められるITコンサルタントセールスエンジニアを目指す方にもお勧めです。

高いモチベーションを維持する工夫

フルスタックエンジニア研修は、はじめに簡単なサービスのリリースを行います。徐々に複雑な構成に触れることで、スキルを深掘りしながら習得していただきます。研修序盤から実際に使えるサービスを構築、利用できるようになるため、受講者は達成感やものづくりの楽しさを感じながら高いモチベーションで研修に臨むことができます。

現場経験のある講師による指導

現場でエンジニアとして活躍した経験を持つ講師陣が、受講者の指導及びサポートを担当します。

学習モデルの比較

よくある新入社員研修 当社主催 新入社員のためのフルスタックエンジニア研修

各コースの学習目標とトピックス

コース名 日数 学習目標 トピックス
ビジネスマナー研修 3日間 ・ビジネスパーソンとして求められるマインドを身に付ける
・ビジネスパーソンの基本マナーを理解し実践する
・ビジネス⽂書の基本ルールを理解し実践する
コスト意識 / 挨拶 / 名刺交換 / 電話応対 / 報連相 / 議事録 / メール
※議事録、メールについては添削指導を行います。
新入社員のためのフルスタックエンジニア研修
-ゼロから見渡すITサービスの全容編-
4日間 ・身近なITサービスのアーキテクチャを予測する
・チャットボットの構築を体験する
・変数と制御構文を利用したPythonプログラムを作成/実行する
・Windows PowerShellを利用しCUI操作を体験する
・Linuxサーバでファイルの操作/アプリケーションの実行をする
・LAN/WAN/インターネットの違いを理解する
・要件に従ったネットワーク構成図を作成する
・プロトコルを意識してITサービスを利用する
・技術
Linux / Python / Windows Powershell / チャットボット / クラウドサービス

・ドキュメント
サービス構成図 / ネットワーク構成図 / 構築手順書
新入社員のためのフルスタックエンジニア研修
-ハンズオンで学ぶ3層Webシステム構築編-
6日間 ・Linuxサーバのパッケージ管理とサービス管理をする
・手順書に従いWebサーバを構築する
・関数/リストを使ったPythonプログラムを作成できる
・Pythonライブラリを利用してデータ収集や機械学習を体験する
・HTMLとCSSを使ったWebページを作成する
・Flaskを使ったWebアプリケーションサーバを構築する
・手順書に従いWebサーバとWebアプリケーションサーバを連携する
・SQL文を利用してRDBMSを操作する
・手順書に従いWebアプリケーションサーバとデータベースサーバを連携する
・チャットボットと3層Webシステムを連携する
・技術
Linux / Python / Apache / PostgreSQL / HTML / CSS / Flask / チャットボット / クラウドサービス

・ドキュメント
設計書 / 設定書 / 構築手順書
新入社員のためのフルスタックエンジニア研修
-あったらいいなをカタチに!ITサービス提案編-
5日間 ・ITサービスの提案プロジェクトを体験する
・ITサービス提案プロジェクトについてWBSを利用して計画を立てる
・プロジェクトの進捗管理をする
・提案するITサービスのプロトタイプを開発する
・提案(プレゼン)資料を作成する
・発表会で提案内容のプレゼンおよび研修全体の報告をする
プロジェクト体験 / グループワーク / WBS / 提案資料 / ITサービスの提案用プロトタイプ / 研修発表会

※研修内容は一部変更がある可能性があります。
※土日祝日は研修を行いません。

2.企業様・受講者に寄り添う個別安心サポート

同一スタッフによる一貫したサポート

研修開始日から最終日まで、同一の講師・スタッフがサポートします。

日報

日々の報告は常にビジネスマナーが養われる場です。最初から完璧にできる人はいませんので、個別にサポートしマナーを養います。

クラスマネージャーによる受講者の個別面談を実施

新入社員研修における不安の解消をサポートします。研修期間中に、個別面談を2回実施します。

企業様へ報告会を実施

ご利用いただいた企業様へ報告会を実施いたします。
その際、個人評価レポートをお渡しします。研修後の育成にご活用ください。

報告書サンプル
報告書サンプル

3.厚生労働省助成金の申請サポート

人材開発支援助成金は、労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、訓練中の経費や賃金を助成する制度です。 助成金は、研修開始1か月前までに行う「訓練実施計画届」などの提出と、研修実施後に行う「支給申請書」などの提出が必要です。 これらをサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
「人材開発支援助成金」の要件の詳細は、厚生労働省のWebページをご確認ください。

参考:特定訓練コース「若年人材育成訓練」助成率/助成額

経費助成 賃金助成
(1人1時間あたり)
中小企業のお客様45%760円
大企業のお客様30%380円

研修スケジュール

研修スケジュール
※研修時間は9:30~17:30(休憩1時間含む)です。
※受講者様とクラスマネージャーの面談を、研修期間で2回実施します(昼休憩の時間内)。

お客様の声

研修終了から1か月後に、育成ご担当者様と受講者様にインタビューしました。その声をお届けします。

育成ご担当者様

  • 助成金を申請するのは今回が初めてでしたが、丁寧なサポートのおかげで無事に申請が受理された。
  • 日報の内容を毎日指摘いただけたのはありがたかった。社会人として「まずいな」というところは、しっかりと指導いただけたのがわかった。
  • 中間報告と最終報告の2回の報告がありがたかった。新入社員それぞれの特徴も良くまとまっていて、分かりやすい内容だった。

受講者様

  • 研修では広く浅く学んだので、先輩と技術的な会話も多少はできるようになり、自信に繋がっている。
  • 研修でPythonを学んでいたおかげで、業務で使っているJavaがスムーズに理解できている。また、Webアプリケーションの設定を変更する際に、HTMLやCSSについて学習した知識が役に立っている。
  • ビジネス文書スキルが実務で役立っている。電話対応はトライアンドエラーで少しずつ上達している。電話を受けることに抵抗がないのは、研修で訓練が出来たからだと思う。
  • 研修内容で分からない点をZoomで個別対応をしてくださったり、定期的な面談など細かな対応がとてもありがたかった。

オンライン受講について

講師1名が講義を配信します。また、各クラスの専属講師が受講者様の学習をサポートします。

オンライン受講について

受講いただく環境について

クリックで開閉

以下が利用できるPCをお客様にてご用意ください。(貸出も可能です。詳細はお問合せください)
【OS】
 ・Windows 10を推奨しています。
【インターネット】
【Webカメラ, マイク】
 ・PC内蔵型も可能です。
【演習環境】
 ・演習環境は、Google Cloud Platform(GCP)を利用します。
  アクセスには、通信ポート(SSHポート:443)を使用します。
【ソフトウェアのインストール】
 ・演習にあたり、下記ソフトウェアのインストールが必要です。
 -Zoom
   Zoomのシステム要件の詳細は、下記をご参照ください。
   https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-System-Requirements-for-PC-Mac-and-Linux
   研修当日までに以下にアクセスし、Zoomの接続をテストしてください。
   https://zoom.us/test
 -Microsoft Office(PowerPoint, Excel, Word)
 -ブラウザ(Internet Explorerは不可)
 -Python3 ※
 -Visual Studio Code ※
 -TeraTerm ※
 ※インストール手順はご案内いたします。
【Googleアカウント】
 ・事前に作成をお願いします。(アカウント情報を当社にご連絡いただく必要はありません。)

受講料

1名当たり 385,000円(税込)
中小企業のお客様が助成金を活用した場合の実質負担額 116,100円~(税込)
※一部の研修の受講をご希望される場合、ご相談ください。

講師情報

佐藤 瞭(さとう りょう)

  • 情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)
  • Linuxシステム構築、RPA構築支援での業務経験豊富
  • 得意分野:情報セキュリティ データ分析 業務・運用自動化

本研修はITサービスの土台となる部分を実際に作り、世の中に公開することで、ITサービスをより身近なものとして感じてもらえるような内容になっています。 ITサービス構築の楽しさと、その凄さを一緒に味わってみましょう!

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

関連サービス

詳しくはお気軽にお問い合わせください!