• お客様のささやきをカタチに。
  • クラウドとビッグデータでITをリードする
文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

RPAとBPMの連携で
業務プロセスの自動化と最適化を支援

RPA・BPMを活用した業務改善システム(IBM RPA with Automation Anywhere:以下 IBM RPA)は、人の単純作業をソフトウェアロボット(以下 ロボット)で自動化する「RPA」と、業務プロセス全体を管理して改善する「BPM」を連携することで、業務プロセス全体を最適化するソリューションです。

RPAを活用して現在の業務プロセスの中で人の単純作業となる部分をロボットで自動化することで、プロセスの一部分を効率化したり作業ミスの軽減を支援します。 IBM RPAでは、さらにBPMと連携することで、人とロボットが混在した業務プロセス全体を管理・可視化できます。 ロボットがエラーを起こした場合に、人が作業を引き継ぐことで業務が止まらないように設計したり、人とロボットの作業時間の記録をとり作業分担を見直すなど、業務プロセス全体の分析・改善が可能です。

現状の業務:個人がバラバラに業務を行っている状態、RPA導入:ロボットで単純作業を効率化・人とロボットが混在、RPA+BPM連携:人とロボットで業務を設計、業務プロセス全体を管理

3つの特長

RPAとBPMの連携で業務プロセス全体を管理

RPAとBPMの連携で
業務プロセス全体を管理

RPAとBPM連携で人とロボットの混在した業務プロセス全体を管理できます。 例えば、銀行の口座開設業務で、人が顧客情報をCRMに登録後に、ロボットがCRMから顧客情報を取得し、既存システム上の顧客登録処理を行うなどの業務プロセス全体の管理が可能です。

ロボットを統合管理して管理効率化と内部統制強化

ロボットを統合管理して
管理効率化と内部統制強化

ロボットを統合管理ツールに登録することで、複数のPCにロボットを派遣したり、 ロボットの稼働状況・ログ取得を一元化できます。 例えば、売上を報告するロボットを各支店に派遣することで、本社に売上データを集約することが可能です。

IBM RPAのトータルソリューションを提供

IBM RPAの
トータルソリューションを提供

IBM RPAの導入にあたって、現在の業務を分析して人とロボットの作業分担を決めるコンサルティングから、ロボット開発などの技術支援、 PoC(検証)環境構築、操作方法などの教育サービス、導入後の運用保守までのトータルソリューションを提供します。

業務改善のPDCAサイクル構築と業務自動化を実現

システム概要

RPA・BPMを活用した業務改善システム(IBM RPA with Automation Anywhere)システム概要


操作画面紹介

※一部の画面紹介となります、詳しくはお問い合わせください。

見やすく使いやすい管理画面なので直感的に操作可能

業務プロセス管理画面(IBM BPM Express)

業務プロセス管理画面(IBM BPM Express)

業務プロセスの設計はドラック&ドロップで簡単に作成でき、多様な業務プロセスに柔軟に適用することができます。また、リアルタイムでの業務状況の把握・分析が可能です。

ロボット開発・統合管理画面(Automation Anywhere)

ロボット開発・統合管理画面(Automation Anywhere)

ロボット開発は、デスクトップの作業を記録することでロボットを開発したり、プログラム開発も可能です。統合管理ツールは、ロボットの実行スケジュール管理や稼働状況の把握が可能です。

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ03-5745-9702

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ03-5745-9702